2020年02月23日

フランクス氏絶命



午後、鎌田氏を訪ね、共に出て、氏はベーシー・ホテルに行き、予は細井氏方で飯を食い、博物館に行く。

夕方、リード氏宅を訪ねると、リード氏はちょうどフランクス氏方から帰ってきた。(妻女は寝室に入った。)
聞くと、フランクス氏がただ今絶命したとのことである。それからしばらくしてホテルに行く。津田、坂本(コンマンダー)2氏と斎藤鎌田もいる。津田の大津絵があり、しばらく話し、2人は去る。予は斎藤鎌田2人と連れ出て、別れて帰る。

富岡氏の手紙が届く。船からの招待である。
posted by てつ@み熊野ねっと at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 南方熊楠日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック